津山市、真庭市で便利屋をお探しなら広和産業へ

津山市、真庭市で便利屋をお探しなら広和産業へ

津山市、真庭市で便利屋をお探しなら、地元密着型のサービスが魅力的な広和産業へどうぞ。広和産業は、岡山県苫田郡鏡野町を本拠地とする便利屋で、前身の鏡野廃品リサイクルセンターを開業してから約10年、岡山県内を中心にサービスを提供してきました。鏡野町では「黄色のチラシ」の店として知られていて、最近ではクチコミを通じて、岡山県全域、広島県や兵庫など県外に至るまで、多くのお客様から仕事の依頼があります。広和産業がある鏡野町は、津山市と真庭市の中間に位置し、中国自動車道を利用すれば30分程度とアクセスが抜群なことから、両市にお住まいの多くのお客様から仕事の依頼をいただいております。
 
広和産業、地元を知り尽くした便利屋さん
広和産業の前身、鏡野廃品リサイクルセンターは、その名の通り、不用品の引き取りとリサイクルを行っていました。地道に足を使ってチラシを配った結果、見えてきたことがありました。それは日本の社会問題でもある少子高齢化です。
当時、過疎化と少子高齢化に端を発する問題に、地元鏡野町の人々は困っていました。農作業の人手不足や空き家の整理などの作業は、高齢者や女の人たちにとって大きな問題でした。チラシを見た地元の人々からは多様なフィードバックがありました。不用品や廃品の引き取りだけでは無く、部屋の掃除から庭木の手入れまで、「これはできないか?」「あれはできないか?」という問い合わせが殺到しました。
配ったチラシの色が黄色だったことから「黄色のところ」と呼ばれ親しまれたことがきっかけとなり、新しい便利屋サービスを立ち上げるにあたり、この「幸せの黄色」を社名に使うことにしました。「便利屋イエローサービス」の名前の由来です。
 
津山市、真庭市でも困ったときは便利屋イエローサービス
広和産業と便利屋イエローサービス。地元に密着した便利屋サービスは、特に高齢者の方が多い地域から仕事の依頼が多いようです。男手が足りないとき、また急に人手が必要になったときなど、地域密着型サービスならではの臨機応変さで、すぐに依頼者の元にスタッフを派遣しています。
 
便利屋の使い方
便利屋の使い方。それはシンプルな一言で説明できます。
 
《困ったとき》
 
そう、困ったときこそ便利屋さんに頼るときです。
便利屋さんの仕事は、さまざまな困ったことを、依頼者に代わって片付けることです。その仕事内容は多岐にわたります。ちょっとした買い物も日曜大工も任せることができる。それが便利屋さんです。

津山 不用品回収

津山 お掃除

真庭市 トラクター買取

真庭市 片付け

岡山 引越し

岡山 不用品回収

岡山 便利屋